賃貸借契約書

マンションを借りるにあたっては、賃貸借契約書と言う書類に署名と捺印が必要となります。
重要事項説明書へのサインも求められますが、書面いっぱいに様々なことが記載されているので、完全に理解することは容易ではないでしょう。

しかし、借りる側に不利な事項が盛り込まれているのを見逃して契約を締結するのは何としても防がなくてはならないため、最低限のチェック項目は知っておきましょう。

とりあえず、支払いなどのお金に関する部分は、重要なチェックポイントです。
賃貸のマンションを借りる場合には、定期的に更新をすることが要求されるのです。
契約更新時に家賃が値上げされるケースが多く、その他にも1カ月分の賃貸料に相当するほどの更新手数料を払わなければいけなくなったりします。

揉め事になりやすい修繕費については借主はどこまで負担するのかしっかりと確認しておきましょう。
家主と賃借人の負担分に関して最初に確認しておくことが重要です。

さらには、敷金の返金の事項も見落としが無いよう注意しましょう。
敷金とは、マンション退去時に発生する修繕費を差し引いて借主に返還されるお金ですが、この修繕費の使用基準によって双方の揉め事に発展することがあります。

マンションを借りる賃借人は、出て行くときに原状回復の義務を負うのですが、原状回復に面倒な部分があるのです。
普通に暮らしていた付いた汚れや老朽化については、原状回復義務の範囲に入りません。

原状回復義務の範囲が分かり難いので、マンションを借りる契約の際に納得できるまで解説を受ける必要があります。
暮らし始める前の下見によって汚れを確認するのは、退去時に住む前のものか住んでからのものか確認するためなのです。