物件の下見

理想通りのマンションを借りるために、物件の下見を行うのは非常に大切です。

実際に下見をすると、「契約を交わす必要があるのではないか」と不安に思っている人が少なくありませんが、その必要は全くありません。契約を先に延ばし過ぎると人気の物件がなくなってしまう恐れはありますが、自分が納得するまで契約をしないようにしましょう。

下見は不動産業者にて見取り図をチェックし、お気に入りの物件を見に訪れる流れになります。マンションの部屋を自分の目で見ることによって、見取り図からは把握できない部分を確認します。

不動産会社の住宅情報だけで契約すると、マンションに住み始めてから悔やむことになりますから、実際に行って見るのはとても大事なことです。いざ下見に行く時には、奥行きや天井高などを確かめるために、メジャーを持参するとよいでしょう。

また、電化製品や家具のサイズを書いたメモを持って下見に行くと、置く場所などを考えることができます。時間的な余裕があれば、家具や電化製品の底辺のサイズに合わせて新聞紙をカットし、床に敷くことでリアリティが増すでしょう。

梁があるかどうかも大事なのですが、見取り図では把握できない可能性がありますから、下見の時の確認が大切です。入居する日を迎えて家具が入らないことが分かり、処分しなければならないこともあるので、間口の広さや階段の広さのチェックも忘れないようにしましょう。

短時間の下見で判断するのは難しいとこですが、できれば上下左右の部屋からの騒音についてもチェックしてみましょう。防音性の高いマンションを借りたいのであれば、それとなく住人に質問してみるのも良いかもしれません。