不動産業者の選択

自分が希望している条件に当てはまるマンションを借りるには、安心感のある不動産業者の選択が大切です。不動産会社とのトラブルを避けるためにも、一目で良い業者かどうかを見抜けるようにしましょう。

具体的には住宅情報や広告などから見極めることができ、覚えておくとマンションを借りるときの業者選びに有効ですが、それは不動産業を営むうえで欠かせない免許番号を調べるということです。物件広告に不動産会社名が必ず記載してありますが、その場所に業者票が表示されています。業者票の特徴は、「国土交通大臣(2)第12345号」のような具合です。

このうち国土交通大臣の箇所は、都道府県にまたがって事務所がある場合ですから、「東京都知事(2)第12345号」という表示もあります。(2)の部分は更新回数のことになりますが、基本的に更新は5年ごとになるので、(2)は更新を2回行なったことを表しており、営業年数が6年から10年であることが読み取れます。更新に関しては宅建業法や関連法規などに違反することで叶わなくなりますから、更新の回数を見ると良い業者かどうかの一つの判断材料となるでしょう。免許証に関しては、不動産会社に行くと目につきやすい場所にも表示されていますので、忘れずに確認しましょう。

それから、宅地建物取引協会といった業界団体への加盟の有無も良い業者を見抜く手かがりにできます。マンションを借りることで失敗してしまわないために、この程度の確認は当たり前にしましょう。事務所に行った際には、業者や従業員から感じ取れる空気も見逃さないようにしましょう。

時間がないと脅したり、今日中に契約させようとする、下見させてくれない、あるいは無理に下見に連れて行こうとするなど、違和感を覚えたら断固として契約に応じないことが大切です。