物件の下見

理想通りのマンションを借りるために、物件の下見を行うのは非常に大切です。

実際に下見をすると、「契約を交わす必要があるのではないか」と不安に思っている人が少なくありませんが、その必要は全くありません。契約を先に延ばし過ぎると人気の物件がなくなってしまう恐れはありますが、自分が納得するまで契約をしないようにしましょう。

下見は不動産業者にて見取り図をチェックし、お気に入りの物件を見に訪れる流れになります。マンションの部屋を自分の目で見ることによって、見取り図からは把握できない部分を確認します。

続きを読む →

不動産業者の選択

自分が希望している条件に当てはまるマンションを借りるには、安心感のある不動産業者の選択が大切です。不動産会社とのトラブルを避けるためにも、一目で良い業者かどうかを見抜けるようにしましょう。

具体的には住宅情報や広告などから見極めることができ、覚えておくとマンションを借りるときの業者選びに有効ですが、それは不動産業を営むうえで欠かせない免許番号を調べるということです。物件広告に不動産会社名が必ず記載してありますが、その場所に業者票が表示されています。業者票の特徴は、「国土交通大臣(2)第12345号」のような具合です。

続きを読む →

敷金・仲介手数料・火災保険料について

マンションを借りる契約の際には、敷金・前家賃・仲介手数料・火災保険料・鍵の交換料をはじめとした、数ヶ月分の家賃にあたる資金を用意する必要があります。

大抵マンションの賃貸契約時に払うことになる敷金とは、部屋の貸し手に借り手が預ける金銭のことで、部屋を出るときに修繕費をはじめとした部分に充てられてその差額分が借り手側に返金されるという仕組みです。

借りている人が不注意によってつけた汚れや傷や破損を修理するために使われるのが筋ですが、実情はそれと異なるケースも多いと言われています。

敷金の扱い方を貸主がきっちり理解していない場合がありますので、敷金が正しく使用されるように、借りる側が敷金のことを把握しておくことが求められます。

マンションを不動産会社経由で借りる場合には、仲介手数料の支払いが求められます。

続きを読む →

マンション賃貸契約時の費用

マンションを借りようと不動産屋と契約をして新生活をスタートするまでの費用はいくら必要なのか、現段階での収入でどれほどの金額のマンションであれば借りることが実現するのか、イメージしてみた経験はあるでしょうか。

マンション生活を送るためには、家賃だけでなく管理費・駐車場代も必要なことが多く、これらをまるごと含んだ金額を毎月の収入の3分の1以下の範囲で支払えるようにすることが大切な要素です。

実際に借りられるマンションの家賃が分かったら、今度はマンションを借りるにあたっての費用を考えていきましょう。

続きを読む →